Skip to main content
ON DEMAND

実践シミュレーションパラメータ同定

On Demand | Japanese | 0h56

シミュレーションモデルを構築する場合、それが現象の適切な近似となっていることが必要ですが、これを確実にすることは必ずしも容易ではありません。たとえば、摩擦係数、減衰係数、材料モデル、熱伝達率等は正確な値を知ることが困難な一方、シミュレーション結果に甚大な影響を持ちます。そのため、シミュレーションモデルを適切に構築する為のシミュレーション「パラメータ同定」が重要となります。本ウェビナーでは、その実践方法を紹介します。

私たちのスピーカー

  • 宮田悟志
    インダストリー・プロセス・コンサルタント - DASSAULT SYSTÈMES K.K. Japan Industry Consultant SIMULIA ダッソー・システムズ株式会社 技術部 SIMULIA
    1991年、学士課程修了後ソフトウェア会社に就職。就業を継続しながら、2007年に博士後期課程を修了。工学博士。慶応大学理工学部 非常勤講師。2010年よりダッソー・システムズに勤務、SIMULIA所属。専門は最適設計法と数値流体力学、創発性の計算論。 著書(共著):最適デザインの概念 共立出版(2008)、創発デザインの概念 共立出版(2013)…
    詳細を確認する

ソーシャルメディアでのシェアはこちらをご利用ください

Read less