Skip to main content

【基調講演】計算力学分野における研究動向と今後の課題

主に計算固体力学分野における研究のトレンドを紹介し,CAEの現状と今後の方向性について議論する。様々な問題が解析可能となった昨今、最適設計法への展開や機械学習やAIを活用したデータ駆動型解析手法が脚光を浴びている。また一方で、強度評価に関わる損傷・き裂進展問題や、2000年代以降のトレンドの一つであるマルチスケール/マルチフィジックス解析に関する理論と解析技術は未だ発展途上であり、一部汎用化も進められているものの解決すべき課題も多い。本講演では,これらの現状を俯瞰しながら、解けるようになったことで広がる世界や解けない問題に対して挑戦することの意義について触れてみたい。

  • 2019 年 10 月 29 日 - 10:15 - 10:55