Skip to main content

GPUGPUを活用した筐体を含むEMC解析の取組み

低ノイズな回路基板を設計したつもりでも、筐体に入れてみると想定外のノイズが放射されている事がよくあります。CST MICROWAVESTUDIOとGPU搭載HPCを活用する事で、筐体を含めた大規模モデルを比較的短時間で計算することが可能となり、製品全体のEMC現象を俯瞰的に捉えることができた事例をご紹介致します。高速デジタル回路基板の筐体を含めたEMI特性、人体によるアンテナ特性への影響、等の解析事例を紹介予定。

  • 2019 年 10 月 30 日 - 15:30 - 16:00